検索
  • 立石 美由紀

似合う色と好きな色は違う…


似合う色と好きな色は違う場合があります。


かく言う私もそのタイプです。

とても好きな色は「オレンジ」ですが、滅多にオレンジは身に付けません。


診断前から、似合う色を選んでいる方も多くいらっしゃるのですが、

「え?この色が似合うのですか?」「この色が似合うなんて意外でした…」という感想もあります。

その原因として考えられることをいくつか挙げてみましょう。


・パーソナルカラーを選ぶ理論が違う団体などでカラー診断を受けられたことがある場合は、結果が違うこともあります。その色を似合うと認識していたから


・多くの色の比較を経験したことが無く、今回のカラー診断で新たに「似合う色」が多くあることを知った場合


・下地クリームやファンデーションの色が肌の色に合っていない場合で、そのメイク用品に調和する色を好んで着ていたから


・周りから見た時に印象アップにつながる色がパーソナルカラーだが、ご自分の好みの影響が強く、なかなか客観視できない場合


など



でもご心配はいりません。



私もコーディネートの工夫で、オレンジを着ることもあります。



パーソナルカラーを知れば、苦手な色の着方、それもカッコよく、自分らしく着る方法がわかるのです。


好きな色と似合う色が違ってもご心配はいりません。



そして、もう一つ

パーソナルカラー診断は決して、選べる色を狭くするものではありません。



そして

“色が肌の色や顔全体に与える影響”を一人でも多くの方に体験してもらいたいと思います。



その変化は一目瞭然です。



得意な色の範囲を知って、一つでも多くの似合う色を見つけることが、私の仕事です!




0回の閲覧